アクセス解析の活用術

ウェブ担当の苦悩

企業でホームページを作る場合、ウェブ担当に指名された人が必ずと言っていいほど頭を悩ませるのがサイトの集客です。
大した知識がある訳でもないのに、会社の人手が足りずにたまたま一任されてしまった経験のある人もいるのではないでしょうか。

s ウェブ関連企業ではサイトの作成から運営までトータルに担ってくれる業者もありますが、コスト面などによる事情から自社内で完結させなければならない場合も出てきます。
そうなるとサイトの運営に関して一から勉強していく事になりますが、マニュアル通りに作っているはずのページがなかなか閲覧数に結びつかない事も少なくはないはずです。
何が問題なのかさえ分からないず、身動きの取れない状況となっては任された業務の遂行が困難となるかもしれません。

また担当者とは別に、実際にサイト作成をするのは専門的な知識の豊富な人である場合がほとんどのはずです。
しかし持っている知識をフル活用して会社に関するサイトを立ち上げてみたところ、素人が作るよりは当然集客されるものの、会社の業績アップに繋げられるほどの効果を発揮できていないという事もしばしばあるのではないでしょうか。

業務遂行の上で問題が出てくる事はどの業種や職種においても有り得ることですが、問題が生じたのであれば原因を探る必要があります。
ではこの原因を探るために何をすれば良いのかと考えた時、サイトの運営であればアクセス解析を取り入れる事も一つの手段です。

良く聞く無料ツールといえばGoogleアナリティクスやYahooアクセス解析がありますが、慣れていないと少々見方が難しかったり設置までが手間だったりするかもしれません。
そのため初心者が手軽にという事であれば、エーステクノロジーのアクセス解析サービスなどがあるでしょうか。
初心者にも使いやすく、充実したサービスとして広まっています。
アクセス解析による結果を見極め、サイトの見直しと改善を図るのも必要な事でしょう。