アクセス解析の活用術

サイト運営における立役者

個人が趣味の範囲で立ち上げたホームページであっても、企業が集客等を目的として作り上げたホームページであっても、サイトの閲覧数をできる限り増やしたいと思うのは当たり前の事です。
しかしどれだけ頑張って見栄えの良いページを作り、思いつく限り精いっぱいのコンテンツを増やしたとしても、手当たり次第にページを飾っていったところで閲覧数の上限は目に見えています。

たとえばホームページ制作にあまり詳しくない人でも、検索ワードというものを耳にしたことがある人は多いでしょう。
サイト向上のためにはキーワードが重要なのかと単純に考え、検索されそうなキーワードを各所に散りばめていけば成功すると安易に思い込む事もあるかもしれません。
けれど現実はそこまで甘くはありません。
キーワードを散りばめるだけで成功するのであれば、どこもかしこも人気サイトで埋め尽くされている事でしょう。

もしもサイトの閲覧数を増やしたいと考えるのであれば、まずは根本から見直していく必要があるのです。
アクセス解析と聞くと、あまり関心がないと思ったり少々遠ざけてしまったりされる場合も少なくありません。
サイトの閲覧状況の確認のためのに使われるだけであり、向上させるために直接影響を及ぼすことはないと考える人もいるでしょう。

けれどホームページを運営する上で、アクセス解析はとても重要な役割を果たしています。
どの時間帯にどんなキーワードを使ってサイトへ辿り着いた人が多いのか、多く見られているコンテンツはどのページなのかなど、あらゆる観点に分けて分析することが可能になるのです。
余計な物を省き増やすべき物に効率よく重きを置くためにも、アクセス解析はサイトの中心核とも言えるものなのです。

エーステクノロジー